女性の中でも多くの方が気にしている悩みとしてあるのが

ワキガなどの嫌な臭いですよね。

足の臭いやデリケートゾーンの臭いなど気になる部分はたくさんあると思います。

とくデリケートゾーンなんて病院などで臭いの治療をするなんてちょっと恥ずかしいですよね。

なので、クリアネオを使って自宅でこっそりと臭いケアしている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事ではなんでクリアネオを成分が臭いに効果が期待できるのか?について解説していきたいと思います。

↑これって意外に気になりますよね。なので、是非参考にしてくださいね。^^

 

クリアネオのワキガに効果的な凄い成分について


まずクリアネオは独自の2つの成分によって

  1. 菌の増殖を抑える(殺菌成分)
  2. 汗を抑える整える(制汗成分)

上記効果の期待ができます。^^

 

イソプロピルメチルフェノールの効果について


菌の増殖を抑える成分としてあるのが、

イソプロピルメチルフェノールです。

イソプロピルメチルフェノールは、殺菌作用と抗菌作用にとても優れている成分になります。

効果も高いのでワキガ対策の成分として親しまれている成分になるんですね。

さらに、イソプロピルメチルフェノールはワキガ対策だけではなくて、

ニキビの原因であるアクネ菌、水虫、カビの防止などにも使える成分になっていて殺菌の必要な用途では幅広く使える凄い成分なんですよ。^^

そして、次になぜワキガが匂うのかについて説明しますね。

ワキガは通常の体温調節の汗と違って、アポクリン腺という汗腺からでる汗によって臭いが生じてしまいます。

↓このアポクリン腺からでる汗は、ほとんどがタンパク質や油からできていて、この汗と菌によってワキガによるくさい臭いになっていきます。

 

よって、このアポクリン腺からでる汗が多ければ多いほど、ワキガが臭いやすくなってしまいます。

アポクリン腺から出る汗は、

  • ジフテロイド菌
  • 黄色ブドウ球菌
  • コリネバクテリウム菌

などの臭いのもととなる真菌を出します。

ですが、イソプロピルメチルフェノールによってその菌を強力な殺菌作用によってやっつけてくれる期待がありますよ^^

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛の効果


次に汗を抑える成分として期待できるのが、パラフェノールスルホン酸亜鉛です。

パラフェノールスルホン酸亜鉛は、制汗作用などや消臭成分から期待されてデオトラント商品には人気の成分になっています。

そして、主な効果がとして、簡単に説明しますと、

汗の中に含まれるたんぱく質と凝固物を作って汗腺の出口を塞ぐ期待ができます。

↑なので、言い換えれば汗を出しずらくなるので、結果臭いがのもとを抑える効果があるということです。

難しく説明すると汗を収れんさせる効果が期待できるということです。

(収れんさせるとは、たんぱく質を変性させることによって組織や血管を縮める作用のことをいいます)

↑なので、このパラフェノールスルホン酸亜鉛のクリアネオには必要な成分になっていますよ^^


以上、クリアネオの臭いを抑える成分について2つ程、紹介いたしました。

効果がわかっていただけましたら、幸いです。

もし、あなた自身がワキガに悩んでいたりしましたら、クリアネオは

  • 初回解約OK
  • 全額返金保証付き

になりますので、この機会に使ってみるのもいいかもしれませんよ^^

 

関連記事

クリアネオの解約の注意点とは?|たった1つの忘れてはいけない事

 

 

 

 

 

 





<<クリアネオの公式サイトはこちらから